Loading...

時の積木:Since December 2011


Autumn Moment

夏の光を残しながら 乾いた風が 秋を運んで
枯れ葉の匂いが ノスタルジックに浸らせてくれる
空気が凛(リン)とするにつれて尚 留(とど)めた想いが蘇(よみがえ)る
甲斐(かい)あると信じて 待っていよう
そして 叶えるために 時を重ねて・・・


▼ 時の積木 アーカイブ ▼
画像をクリックして、拡大してご覧いただく事ができます。

Summer Story

潮騒(しおさい)の浜に 眩しいほどの お陽様の光
籠(こも)りがちで 薄暗かった想いも晴れる 夏の到来
少しだけでも 殻を持ち上げ 出かけてみよう
きっと 未来に向けた 新しい物語が始まるよ


Rainy Season Flower

しとしと降る雨に ふんわりと混ざり合う アジサイの花の色 青 赤 紫 そして 白・・・水色 ピンク ライトグリーン 定まらないグラデーションの色合いが 穏やかに時を包んでくれる 広がる波紋が色を映して 梅雨のキャンバスを染めていた このまま夏が来ないでほしいと願ってしまう

Firefly in Forest

暗くて 深い森に 迷い込んだと思えるとき 誰しも 僅(わず)かな望みを胸に 光を探す それは たとえ儚(はかな)くても 仄(ほの)かでも 足元を照らし 導いてくれる光に 全てを託す 明日の希望のために 自らの想いのために


Earth Nature

ここには 空があります 森があります 泉が湧き 海に流れ 風が波と唄います あなたのすぐ傍(そば)に在る自然に抱かれて 月や星と一緒に眠ろう きっと明日 花たちの香りに優しく包まれて お陽様が 暖かな日差しで 目覚めさせてくれるはず 今はただ こうして居る事に感謝して 心静かに祈ろう

Heartbeat of The EARTH

この地球(ほし)の生業(なりわい)の中に身を置いて その優しさに包まれながら 感謝して暮らす事・・・人は多くを知る事で 大切なモノを忘れてしまったのかもしれない 今ここで こうして居る事に感謝して 心静かに祈ろう きっと鼓動を感じるはず そしてその息吹に触れるはず


Feel the Season

暖かな日差し 柔らかな風 優しい鳥のさえずり チロチロと流れる小川にも 小さな命が育まれ 全てが動き出す 魅惑の春 少しでも 身近に感じながら 輝かしい未来を祈ろう

Spiritual Beauty

陽の出(いづ)る国に生まれ 暖かで柔らかなその想いは 変わることなく拡がり続け 優美に輝き 優しく包み そして 心の奥底に響き渡る その調べは 幸せの音色・・・もっと・・・ずっと


Spring Stream

春の訪れを告げる ふきのとう 小川の想いに 触れるように寄り添って まだ少し寒いのか 白い毛糸の帽子に包まれて 少し和らいだ お陽様の光と遊んでる チロチロ ポカポカ ふんわりこ

Footsteps of Spring

雪代の小川のせせらぎ 互いを呼び合う鳥のさえずり 優しく暖かく 柔らかに包まれる 春への想い・・・白い吐息を両手で包み 冷たい風に向かって願ってる 春の足音 早く聞こえてもないかな


Greetings-2020

新年 あけまして おめでとうございます
SISは 様々な課題を抱えながら自分らしく生きたいと願う 全ての人をサポートするため
本年も 微力ではありますが 努力したいと思っています
今年一年 皆様にとりまして幸せな一年でありますように 心から祈っております
本年も どうぞ宜しくお願い致します


wish your Merry Christmas

街中が きらびやかなイルミネーションに包まれて 行き交う人にも 笑顔があふれる クリスマス。皆さんに 素適な奇跡が 起きますように!どうぞ 楽しいクリスマスを お過ごしください。

First Powder Snow

凍てつく丘に 粉雪が舞ってキラキラと・・・暖かな部屋に 差し込む光がユラユラと・・・少しづつ少しづつ 景の色が塗り替えられて やがて全てが包まれる そしてまた 湧き上がる想いがフツフツと・・・新しい季節に芽吹くまで


Fallen Leaves Melody

少しづつ張りつめながら 響きが深まる秋の音 その鼓動に合わせて奏でる落葉(らくよう)のメロディー 揺らいでは流れるソナタから 揺らいでは回るメヌエットへ やがて 全てが共に響き 共に交わり 今この瞬間の ありのままの自然を 奏でていた

Sunset in Summer

夏の終りを告げる涼風に包まれて 穏やかになり始めた 波の調べに佇(たたず)みながら 今日一日の感謝と明日の幸せを祈る黄昏時 同じ宇宙(そら)を見上げて 今を心に留めよう


Summer Greeting 2019

暑中 お見舞い 申し上げます。熱中症にはご注意いただきながら ご自愛されまして ご無理のないようにお過ごしくださいませ。

Dream Comes True

逢えるその日を待ち焦がれ 言葉もなく身悶える時の長さに 身も心も砕け散ってしまいそう・・・ただただ 二人を隔てるその川は 深く広く清らかで 心に刻んだ誓いのように 永久(とわ)に変わることはない 今この瞬間を大切に、そして未来に希望をもって・・・星に願いを・・・


June of Rain

六月の雨には 六月の花咲く 花の姿は変わるけれど 変わらぬ心を誓いながら いくつ春を数えても いくつ秋を数えても 二人でいたい・・・小椋佳

Early Summer Streem

初夏の日差しを浴びて 新緑が眩しい山間の谷間 小さなヒメジョオン(姫女苑)が お陽様の光を求めて 咲き誇っていた 聞こえるのは 沢の音だけ 何にも代えがたいこのひと時が 心を満たしてくれている


REIWA is Beautiful Harmony.

時は初春の令(よ)い月であり、空気は美しく、風は和やかで、梅は鏡の前の美人が白粉(おしろい)で装うように花咲き、蘭は身を飾る衣(ころも)に纏(まと)う香(こう)のように薫(かお)らせる。万葉集の巻五、梅の花の歌三十二首の序文の書き下しです。2019年5月1日【令和】の始まりに、和やかな令(よ)い時代になりますように心から祈ります。

Spring Sunshine

まだ風は冷たいのに お陽様の光も輝いて もうすぐそこに 春の足音 雪代の小川のせせらぎ 互いを呼び合う鳥のさえずり 全てが開いて交わる想いの中で 一日中日向ぼっこしていたい


Snow Drop

まだ雪が残る寒空の下で 耐えながらもけなげに咲く 雪の雫(しずく)スノードロップ。降りしきる雪の中 アダムとイブの前に天使が舞い降り 触れて溶けた雪が 雫(しずく)となり この花が咲いたという伝説。花の中にある小さな緑のハートが 物語っています。

Waiting for spring

ひと知れず 森のなか 降り止まない雪を包み込む 陽のひかり 待ちきれなくて やますずめ わずかに漂う春の気配に 裸の小枝 見上げて祈る やますずめ 優しく暖かく 柔らかに包まれる 春への想い


Greetings-2019

新年あけまして おめでとうございます。
SISは様々な課題を抱えながら自分らしく生きたいと願う全ての人をサポートするため
本年も微力ではありますが努力したいと思っています。
今年一年、皆様にとりまして幸せな一年でありますように、心から祈っております。
本年もどうぞ宜しくお願い致します。









2011

Merry Christmas


Winter-morning

凍てついた朝。淀んだ雲間から、時折射し込む陽の光。
凛とした空気に包まれて静まりかえる森の中で
まだ終わらせたくないと光り輝く秋の主役達。
冬と秋の競演がいっそう舞台を艶やかに見せている。
生けるモノの輝きは、いつもいつでも心を染めるほどに美しい。


December 2011